初级日语短文

时间:2016-09-08 编辑:蜜园 手机版

  引导语:下面是小编整理的几篇适合初级日语者学习和模仿的小短文,希望带喜欢。

  一、

  ―この桥(はし)を渡(わた)るな―ko no ha shi o wa ta lu naすこし昔、一休さんという、とてもかしこい小僧(こぞう)さんがいました。su ko shi ある时、お侍(さむらい)が、「一休さんに、ご驰走(ちそう)をしたいのでおいでください。」と言ってきました。 一休さんは、喜(よろこ)んでお侍の家に出かけていきました。 お侍の家の前には、桥がかかっていて、端(はし)に「この桥を渡るな。」と、书いた立(た)て札(ふだ)が立っていました。 でも、一休さんは平気(へいき)な颜をして、桥を渡っていきました。 お侍が出てきて、「立て札を见なかった?」と、闻きました。すると、一休さんは、「见ましたとも。ですから、わたしは端(はし)ではなく、真(ま)ん中(なか)を渡ってきましたよ。」と答えました。

  二、

  私は大学生で、西昌で学校を通っています。冬がきて、ほかの场所は寒いのに、西昌は暖かいです。街中に歩いても、寒くないです。私、冬にバスケットをやるのが好きです。バスケットは人を楽しくしたり、悩み事を忘れられたりする事ができます。健康にもできます。卓球もすきです。女の子と一绪に卓球をしながら、気軽に话ができて、気持ちいいです。私には友达がたくさんいます。みんなスポッツが好きです。中にスポッツをやっている时知り合いになって、话したら、とても気があって、友达になってくれた人もたくさんいます。スポッツがとても大切です。人と人が知り合いになるきっかけにもなるし、つながりの重要な一环にもなります。特に学校での时、勉强は大切ですが、教室にいる时间は限られています。教室を出たら、みんなと仲良くするためには、スポッツの重要性は出てきます。

  三、

  私の长所は人助け(ひとだすけ)をすることです。他人が困っているのを见かけたら自分の持てる最大の努力でその人を助けることができると自分もうれしくなります。亲孝行(おやこうこう)でもあるので、毎日家に电话をかけて両亲の生活を気にかけます。私の短所は気が散りやすく、十分に自分をコントロールできないところです。できれば大学生活で良くない习惯を少しずつ改善して、优秀な自分になりたいです。

  四、

  私の长所と短所

  仆は先生から、「やる気がない」とよく言われます。授业の时も眠そうにしていますし、学校の生成もよくありません。 しかし、仆はやる気になれば、一つのことに集中できる人间だと思います。大切なパソコンが壊れたとき、仆は寝る间も惜しんで、三日がかりで直しました。学校でウサギ当番になったときは、半年の间、毎朝は早く学校へ行って、小屋の扫除をしたり、饵をやったりしました。 母は「勉强にもそのくらい打ち込んでくれたらいいのに」と言いますが、人はそのことが好きだから、自分にとって大切だと思うから、努力するのではないでしょうか。仆は今の学校の勉强が、どうしても好きになれません。 确かに先生から见れば、「やる気がない」生徒でしょう。しかし、先生には、仆だけでなく、みんなが本当に自分がしたいことを探しているんだと言うことをわかってほしいのです。

  五、

  私の部屋

  ここは私の部屋です。この部屋が明るくて広くて、私がとても好きです。部屋の中に机がおいてあります。普段私がここで一生悬命に勉强しています。机の隣に本棚があります。本がいっぱいはいっていますよ。私が好きな本は村上春树先生の≪ノルウェーの森≫です。最后、部屋の角に大きなベッドがあります。気持ちがとてもいいです。おかげで私が良く寝て、毎日元気に过ごせました。

本文已影响
初级日语短文相关推荐